« 口裂け女 IN L.A./SLIT MOUTH WOMAN IN L.A. ネタバレ感想 | トップページ | ほんとにあった!呪いのビデオ69 ネタバレ感想 »

2016年8月 5日 (金)

シン・ゴジラ ネタバレ感想

シン・ゴジラ、2016年の日本映画です。総監督にエヴァンゲリオンの庵野秀明監督を迎え、実写版進撃の巨人の樋口真嗣監督による作品です。

ゴジラシリーズ初のフルCGによるゴジラ、迫力がありました。中の人は、と言っていいのかな、野村萬斎さんがモーションキャプチャで演じていました。キャストに名前があったのに気がつきましたが、まさかゴジラを演じていたとは、パンフレットを見るまで気がつきませんでした。

とにかく、なるべく情報を入れないようにして見たかったのですが、TVでは予告がガンガン流れて、いやおうなしにゴジラの雄姿を見せつけられました。でもまあ、それで見に行こうと思い立ったわけですが。街の中に存在しているだけで、ただそれだけでワクワクするようなそんなゴジラが見たかった。予告のゴジラはまさにそんなゴジラでした。不安は、予告ですべて出しきったんじゃないか、ということ。それ以上の見せ場はないんじゃないかと。

そして迎えた初日、さっそく見に行きました。IMAXで。やっぱりIMAXはいい。臨場感がすごいです。

今回のゴジラは、舞台は現代。ゴジラがまったく存在しない日本。初代ゴジラを意識して作ったということなので、時代は違えど、設定は同じ様な感じでした。



突然海から現れた巨大生物。これには驚きました。ゴジラじゃないし。なんというか、両生類?体から赤い体液を垂れ流しながら、四つんばいで移動する巨大生物。正直キモい。両生類は苦手。進路にあるものを邪魔だから押しのけていくような、ただ陸があったから上陸したというような本能的な動きで、しばらく移動した後、2本足で立ち上がり、再び海に戻っていった。ゴジラの敵みたいな怪獣かと思ってたら、ゴジラになっちゃったのでびっくり

未知の巨大生物を前に、日本政府は混乱。自衛隊がすぐ攻撃!というような展開にはもちろんなりません。おたおたしている間に巨大生物は海に戻り、かなりの非常事態なのに、政府の皆さんはなにやら煮え切らない。で、主役のシキシマ隊長、じゃなくて長谷川博己演じる内閣官房副長官である矢口を中心にして、世間的にはアウトサイダーな研究者たちを集めたチームを立ち上げ、多角的に自由な発想で巨大生物の調査を始める。

アメリカから大使特使のカヨコが、巨大生物の情報をもたらす。深海に廃棄した核廃棄物を摂取した生物が進化した。研究していた牧教授の故郷の神の化身を意味する「呉爾羅」、アメリカでは"Godzilla"と呼ばれていたため、巨大生物を「ゴジラ」と命名する。

彼らは、ゴジラが体内に原子炉を持ち、常に進化を続ける、すべての生物の頂点に立つ、究極の生物であると仮説を立てる。核分裂しているために、血液により体内を冷却している。ゴジラが海に戻ったのも、体が進化についていけず、冷却がうまくいかなかったためなのでは。この辺は、ちょっと難解だったので、うろ覚えです。そのために、血液凝固剤を投与し、冷却システムを止めることがゴジラを倒す方法なのではと研究を進める。

海中でさらに進化し、巨大化したゴジラが再び出現する。鎌倉から上陸したゴジラの進路は東京に向かっていた。自衛隊が出動し、多摩川でゴジラを食い止めるためにすべての火器を使用して攻撃を始める。しかし、自衛隊ではゴジラを止めることはできなかった。多摩川を越え、東京に入ったゴジラ。日米安保条約に基づいて米軍に協力を求め、米軍による攻撃が始まった。米軍の攻撃により、初めてゴジラが傷ついた。しかし、ゴジラは口から火炎を放出し、さらには熱線を吐き、周囲は火の海になってしまう。ここ、すごいです。一番の見せ場かも。そして、米軍の爆撃機を攻撃し撃墜。さらには背びれからも熱線が放出され、あらゆるものを破壊し、政府の首相をはじめとする閣僚の乗ったヘリも墜落してしまう。そして、エネルギーを使い果たしたのか、ゴジラは活動を停止した。

新たに臨時内閣が組閣され、首都機能は立川に移された。米軍はゴジラに核攻撃をすることを決定。国連も支持した。それを阻止するには、矢口が率いるチームによる血液凝固剤を用いた、ゴジラの凍結プランしか残っていなかった。しかし、ゴジラを凍結させるだけの薬剤を作るには核攻撃のタイムリミットに間に合わない。矢口たちは、フランスに働きかけ、カウントダウンを遅らせてもらうことに成功する。

やっと必要量の製造が終わった。ゴジラの口から凝固剤を投与するために、電車や無人航空機を使ってゴジラを攻撃。ビルを倒壊させゴジラを下敷きにし、転倒させ、放水車でゴジラの口から凝固剤を投入し、ゴジラの凍結に成功する。

危機は去った。しかし、ゴジラは凍結しているだけ。もしまた活動を始めたら、核攻撃のカウントダウンが再開される。人類の勝利はあまりにもろく、ゴジラの脅威は続く。



簡単にストーリーを追いました。

ラストの尻尾の先端の意味するものはなんだったんだろう。

とにかく、リアリティを追求しすぎて、地味な、政府や自衛隊の描写が長く、怪獣は~?と飽きてしまいます。でも、それゆえ、過剰な演出もなく、淡々とテンポよく進行していくので、それほど苦痛ではありませんでした。少なくとも、眠くはならなかった。そして、ゴジラが出現してるシーンはCGがすばらしく、ゴジラの雄姿が楽しめます。初めて、熱線を吐くシーンはすさまじくて、鳥肌ものでした。ゴジラの頭部も初代ゴジラっぽい、何の意思も感じさせない死んだ魚のような目がとても良かったです。

予想に反して、評判が良かったシン・ゴジラ。客に媚びず、自分のやりたいことのみをやり遂げたことが良かったのか。とは言っても、私は庵野監督の作品は見たことがありません。エヴァですら。ですが、見ていて、きっと楽しんで作っているんだろうなぁって感じたので多分、そうなんだろうと思います。

しかし、今この時に、こういう自衛隊賛美?のような映画を作るってどうなのかな、と勘ぐってみたりもしています。

三池監督の映画「オーディション」で椎名英姫に麻袋につめられ不気味にうごめいていた大杉連が、今や日本の総理大臣だなんて、とクスクスしてしまったり、長谷川博己はシキシマ隊長のようにちょっと汚れてたほうがいいなとか、今回もハンジさんまでとはいかないけど、石原さとみがテンション高いなとか、塚本晋也監督がいい味出してるなとか、斉藤工には気がついたけど、前田敦子がでているのには全く気がつかなかった等々、キャストでも、楽しめました。

劇中で、ゴジラではおなじみの伊福部昭さんの曲が使われていたのが、ほんとにうれしかった。胸が躍りました。

今の時代、CGで何でもできちゃうのは、すごい映像を見られるのがうれしい反面、レイ・ハリーハウゼンのストップモーション・アニメーションよる作品や、精巧なミニチュアを作り上げて撮影していた映像も懐かしく、寂しい気持ちもあります。

« 口裂け女 IN L.A./SLIT MOUTH WOMAN IN L.A. ネタバレ感想 | トップページ | ほんとにあった!呪いのビデオ69 ネタバレ感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シン・ゴジラ ネタバレ感想:

« 口裂け女 IN L.A./SLIT MOUTH WOMAN IN L.A. ネタバレ感想 | トップページ | ほんとにあった!呪いのビデオ69 ネタバレ感想 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

cm